退職代行EXIT経験者にインタビュー!退職代行GIVE UP(ギブアップ)の特徴や利用方法!

この記事は2019年3月30日の情報で作成しております。また、読みやすいように一部編集しています。

今回は退職代行「GIVE UP」についてお伝えしていきます。GIVE UPではざまざまな魅力や安心できるポイントがあります。

例えば
・相談料無料有り・分割払いが可能・返金保証有り

公式ページ https://www.giveupdaikou.com
公式Twitterアカウント https://twitter.com/giveupdaikou

 

次回割引制度あり

退職代行GIVE UPでは、次回割引制度が設けられています。2回目以降は5千円引で対応してくれます。
ちなみに、以前紹介させていただいた退職代行EXITでは、2回目以降の利用だと1万円割引されますが、元々の費用が4万円~5万円かかります。

その反面、GIVE UPは元々の費用が3万円なので、2回目以降の利用は25000円で済みます。

なので、あくまでも費用面だけで言うと、EXITよりもGIVE UPのほうが料金がお得ということになります。

分割払いが可能

GIVE UPでは分割払いが可能です。

なので、一括で3万円が払えない方には、GIVE UPやSARABAのように分割制度を設けている業者さんに相談されるといいですね!

退職代行サービス「GIVE UP(ギブアップ)」にインタビュー

今回は、GIVE UPさんの情報をもっと知りたかったので、LINEで問い合わせてみたところ、「LINEによるやりとりならOK」だということだったので、お忙しい中いろいろと聞かせていただきました。

(一部、読みやすいように編集しています。)

退職代行を始めたきっかけは?

GIVE UPさん:

退職代行を始めたきっかけは、私の友人の妹さんが仕事や職場の人間関係が原因で自殺してしまったことにあります。
仕事ごときの為に死ぬなんてもったいないと思い、少しでも退職代行が広まり、辞めやすい環境にし、仕事が理由で自殺する方が減って欲しいと思い、始めたのが退職代行「GIVE UP」です。

GIVE UP独自の強みを教えてください

GIVE UPさん:

私自身、EX〇Tで働いていた経験があります。
以前、働いていた退職代行業者のノウハウを活かし、業務に励んでいます。

管理人:

え、EX〇Tで働いていたことがあるんですか!?
良かったら答えれる範囲で良いので、EX〇Tで働いていて思ったことや気づいたことなど教えてください。


GIVE UPさん:

EX〇Tは、顧問弁護士から指導を受けているとありますが実際に仕事を行なっている従業員は弁護士から指導を受けてないですね。
なので、ホームページに非弁法についてと記載されていますが、あまり関係ないと思います。
また、これは従業員のことですが、複数で対応しているため、1回目の時と2回目のやりとりの時とでは対応する担当の従業員が変わっていることがあります。
この点を改善したほうがお客さんも混乱せずにスムーズに退職できると思いました。

管理人:

なるほど、担当者を決めておくのは大切ですね。

GIVE UPさん:

それと、社員さんが「退職のことくらい自分で伝えればいいのに。」などと愚痴を言っているのを聞いてしまいました。
ボソッと言ったこととはいえ、個人的にはあまり聞きたくなかったですね。私も退職代行を利用した身です。

管理人:

え、そうだったんですね、なら退職代行を利用した体験者ということですね。

GIVE UPさん:

そうです。退職代行を利用して、そのままEX〇Tに入社しました。
そこで様々なことを学びましたが、大事なのは、「お客さんの立場になって考えてあげる事」だと分かりました。お客さんの気持ちになって対処することにより、お客さんの不安が取り除けるのではないかと思っております。

管理人:

なるほど、貴重な話をありがとうございました。

まとめ

EXITを体験した退職代行GIVE UPのインタビューとGIVE UPの利用情報でした。

GIVE UPでは退職代行を実際に体験したスタッフが、依頼者の立場になって安心して退職まできるようサポートしてくれます。

また、退職代行SARABAにもGIVE UP同様、退職代行の利用者が在籍しています。

「自分一人では退職できない」、「不安な気持ちを理解し、安心できる業者がいい」という人は無料相談サービスのあるGIVE UPやSARABAに相談されてみてはいかがでしょうか?

退職代行のおすすめは退職代行SARABA
・税込27000円のリーズナブルな価格

・24時間365日5分以内に即返信

・一か月の受託件数業界NO.1

・有給取得率98%

・退職代行件数1万件突破