webテスト代行はバレるのか?その実情やリスク、代行業者の選び方を解説!

webテストを通過できる自信がなく、頭を悩ませている就活生も多いことでしょう。

今やwebテストを導入している企業は多いため、友人に頼んだり、業者に依頼したりして、代行してもらおうと考えている人も多いはずです。

そこで当記事は、Webテスト代行の実情を説明した上で、ばれた場合のリスクや代行業者の選び方等を解説しています。検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

webテスト代行の実情

webテストの実施目的は「足切り」

皆さんご存知の通り、業界問わず実に多くの企業が、採用活動の一環として、webテストを実施しています。では、なぜ多くの企業がwebテストを実施しているのでしょうか?

その理由は単純で、一言で言えば「足切りのため」です。どんなに大きな企業でも、採用応募者全員と面接することは難しいでしょう。一定の水準に達しない応募者を振るい落とすために、書類選考及びwebテストを実施するわけです。

 

webテストを代行してもらう就活生は多くいる

webテストの実施目的は「足切り」のため、いくら点数が高くても、それだけで採用が決まることはありません。企業の採用活動において、webテストの重要度はそこまで高くないと言えるでしょう。

そのため、就活生側も、webテストを重要視しない傾向にあります。「足切りされなければよい」「次の採用ステップに進めればよい」ので、webテストを代行してもらったり、友人と一緒にテストを行ったりする就活生が多いです。

 

企業側も、webテスト代行は想定内

webテストを代行してもらったり、友人と一緒に行ったりする就活生が多いのは、一般的に知られていることです。しかし、webテストの代行等に対して何らかの対策を講じている企業は、決して多くありません。つまり、企業側も、webテスト代行は想定内であり、そこまで問題視していないことが分かります。

仮にwebテスト代行が行われていても、ある程度の足切りさえ完了していれば、webテストの実施目的は果たせているわけです。

 

webテスト代行は、ばれる?

上記の通り、多くの就活生が、webテストを代行してもらっています。

では、実際に、webテスト代行は企業にバレるのでしょうか?

 

テスト受験段階でばれる可能性は低い

webテスト受験で、代行がばれる可能性は低いです。というのも、企業側で、代行したか確認する術がないからです。

基本的に、webテストは、ネット環境さえ整っていれば自宅でも受験できます。ゆえに、試験監督者がいるわけではありません。また、受験時に厳格な本人確認が行われることもありません。そのため、テストを受験した段階では、代行の事実がばれる可能性は極めて低いでしょう。

 

面接時にバレる危険性はある

ただし、テスト受験後の面接で、代行がバレる危険性はあります。「webテストは難しかったですか?」「webテストの感想は?」のような質問をされた場合に、動揺してしまうケースです。違和感なく対応できるように、あらかじめ対策を練っておきましょう。

また、webテストの解答時間が異様に短い、成績が良すぎる等の理由で、代行がばれる可能性は、もちろん0ではありません。しかし、しっかりとした代行業者であれば、このような問題は起こりにくいので、安心してください。

stupchibaでは、お客様の希望される正答率も対応可能でございます。是非ご相談くださいませ。

stupchibaのwebテスト代行はこちらです。

 

webテスト代行がばれたときのリスク

上述の通り、webテスト代行がばれる可能性は極めて低いです。

しかし、万が一、テスト代行がばれた場合、どのようなリスクがあるのでしょうか?主なリスクは、以下の2つです。

・内定取り消しの可能性

・信頼度の低下

 

採用が決まっていても、代行の事実が明らかになった場合、その時点で内定取り消し・不採用になる可能性は当然あります。

仮に内定取り消し等のペナルティがなかったとしても、採用担当者からの信頼度は低下するかもしれません。ばれる可能性は0に近いとはいえ、代行を依頼するのであれば、このようなリスクも頭に入れておきましょう。

 

代行業者の選び方

では、webテスト代行を依頼する場合、どのような業者を選ぶべきでしょうか?以下では、適切な代行業者の選び方について解説します。

 

実績や評判の良い業者を選ぶ

Webテスト代行を業者に依頼する場合は、必ず、事前に実績や評判を確認しましょう。「Webテスト代行の実施数はどれくらいか」「通過率はどれくらいか」を把握できれば、安心して依頼することができます。

また、「スタッフの対応はどうだったか」「代行が企業にばれなかったか」等の評判も確認できれば、業者の信頼度が分かりますね。

 

費用だけで決めない

費用だけで代行業者を選ぶのは、なるべく避けましょう。代行費用が安いということは、サポートが充実していない可能性が高いです。悪徳業者に騙されないよう注意してください。

もちろん、安くてサポートが充実している業者も存在しますが、費用だけで決めるのは軽率だと言えるでしょう。

 

メールや電話対応がしっかりしている業者を選ぶ

メールや電話対応がしっかりしていることも、代行業者を選ぶ際の重要なポイントです。悪徳業者の場合、メールや電話対応が機械的だったり雑だったりするケースが多いです。中には、連絡が無い業者も存在するそうです。

親切に対応してくれる業者を探し、安心してwebテスト代行を依頼してください。

 

まとめ

webテスト代行の実情を説明した上で、ばれた場合のリスクや代行業者の選び方等を解説しました。上述したように、バレる可能性は極めて低いです。

webテストで悩んでいる方は、効率的に就職活動を進めるためにも、ぜひ検討してみてください。