ご案内

よくある勘違い―浮気や不倫の密告・警告をご依頼される方へ―

投稿日:2015年10月15日 更新日:

電話代行サービスに寄せられる勘違いまとめ

当ページの説明

当ページでは不倫・浮気関係の電話代行サービスを
ご利用いただくにあたっての ご理解いただきたい事を記しております。

また、本当によくある「ご依頼者さまの勘違い」も説明しておりますので、
ご依頼を検討されている方はご一読くださると幸いです。

変に遠慮しておべっかを使ってはお客様に却って損害を与えることにも
つながり、また失礼にあたりますので正直に書いています。

相手にすべて伝えられると勘違いしている

ご依頼者様(お客様)のご希望によっては
会話想定文を書き起こしをしております。

このような台詞・流れで密告しますよ、という文章です。
文章ですのでそのまま読み上げると棒読み・カタコトになりますが、
大体の話のながれは把握することができます。
ですが、あくまで見本・例にとどまります。

注意:会話想定文文章はあくまで台本です。
実際には各スタッフが自分の言葉になおしてお伝えします。
書き言葉をただ読み上げるだけでは相手に違和感を与えてしまうからです。

相手は人間です。どのような反応が返ってくるかわかりません。
だからこそ、予定されている通りの事柄をすべて
伝えられるとはお約束しておりません。

不倫の密告なんて最たるものです。
予測がつきません。
相手は密告される側です。
いきなり夫とか恋人などの不倫や浮気を告げられるのです。
びっくりして電話を切ったり、逆上して暴言を吐かれる事だって
あるのです。というか実際あります。

けれど、ご依頼者さまは勘違いしてしまいます。
こちらが用意した文面はすべて相手に伝えられるものだと、
勘違いをしてしまうのです。

これはほとんどのご依頼者さま共通です。
いくら事前に、「すべて伝えられるとはお約束できません」
と申してもなかなか認識してもらえないのです。

特に、夫・妻・彼・彼女など親しい人に裏切られた方にこの傾向がございます。
事前に説明しても認識してもらえないのですから納得もしていただけません。
だからこそ、「全部伝えられなかったのだから誠意を見せろ!」
と要求される方が現れるのです。

文章では容易いです。伝えるのは。
しかし、あくまで文章に沿って密告や忠告をするのです。

相手によっては電話にでたとたんにガチャ切りすることもあるでしょう。
何せ相手からすれば不審な電話です。

そして、相手に聞く体勢が整っていたとしても
半分ほど伝えてからようやく冷静さを
とりもどし反論・逆上するのが常です。

実際に受話器の向こうに相手がいるのですから
こちらの思い通りに事が運ぶとは思わないでください。
それに不倫・浮気を取り扱っているのですから、
相手は冷静でいられるはずがございません。
長い密告・警告文章だと全部伝えられないのは当然です。

しかし、ご依頼者さまのなかにはお金さえ払えば
何でもしてくると勘違いをなされている方もおります。

本当に良くある事なのですが、
相手に電話をして、不倫の事実を伝えた時点で電話を
切られることがあります。

こような事態になったときには一部のご依頼者さまは
「誠意を見せろ(全額返金)」と言いますが、
それはできません。

・どうしても電話をガチャ切りする相手がいる
・不倫や浮気の事実を伝えると相手は冷静でいられない
・逆上してこちらの話を聞かないときもある

以上の点を事前にいくら説明してもこのような反応をされてしまいます。
相手、1人の人間の行動を私たちが左右するこはできないのです。
無理っていうものです。

相手がガチャ切りしたら返金要求。
会話の途中で電話を切られても返金要求。
予定されていた文章(密告文章としては長い)を
全部伝えられなかったとしても返金要求。

何かあったら誠意を見せろっ!ってことですね。
しかし、それではほとんどボランティアになってしまいます。


数十通もの長文メールに対応し、過去の事例をもとに助言を返信。
有料となっている文章作成(台本作成)もできるだけ無償で
こなしているのにこれでは大赤字です。

他業者では倍近くとられるサービスを提供していると
自信がありますが、これでは営利団体としては負け組みです。

「困っている人を助けたい」
「以前、私と同じ目にあっているひとの助けになりたい」と、
ぎりぎりの給与・報酬で頑張ってくれているスタッフに
これ以上負担を強いたくありません。

ですので、特に正当な理由がなければ返金はできませんので
あらかじめご了承ください。

文章を一字一句正確に伝えられると勘違い

ご依頼者さまと相談して作成した「会話想定文」。
密告する内容・台詞をかいた文章です。
ご注意願いたいことはこの会話想定文を
一字一句正確に伝えられるとは限らないことです。
言い切りのようなかたちで電話をしても
相手が途中で話に割り込んでくる場合もありますし、
会話の流れと言うものがございます。
順序の違いや、相手の反応によってはどうしても
伝えられない情報も時にはございます。

しかし、ご依頼者さまは会話想定文を「すべて」
滞りなく全部伝えられるものと思い込む傾向がございます。

予め喚起をしておきますが、あくまで想定文です。
会話想定文をそのまま読み上げられることは稀ですので
ご注意ください。
また、会話想定文と実際に伝えた内容に多少の差異が
あったとしても返金には応じることができませんので
ご了承願います。

いくらでも相手に伝えられると勘違い

不倫・浮気に関する密告電話や警告電話を
ご依頼された方々について説明します。

伝える情報(ご要望)を詰め込み過ぎます。
ご依頼者さまに見られる傾向として、
密告対象が黙って聞いていると思ってしまいがちです。

不倫の密告をしたいのであれば
特定の人物の不倫の事実+2~3個におさめるのが理想です。
言い切り型の密告ではできるだけ簡潔に要点だけを
伝えると成功率が上がります。

(例)
・A男さんと職場のB女さんとの不倫の事実
・宿泊したホテル名と日時
・職場でも噂になっていること
・奥さんがいるのに不倫なんて恥ずかしくないのか?と言う

以上のような要望をもとに「会話想定文」を作成しています。

しかし、怒り・悲しみにと情緒が不安定になって
焦っているご依頼者さまはどんどん自分の伝えたい事柄を
詰め込みます。

これは女性のご依頼者さまによく見受けられる反応です。

相談時には「どのような情報を相手に伝えたいですか?
箇条書きでも良いのでお教えください」と、
ご要望を引き出していきます。

しかし、多くのご相談者さまは、伝えたいことがありすぎて
まとまっていません。

また、箇条書きの体を要していませんので
こちらが直しますと、大体10~20になります。
これでは多すぎますので、できるだけ類似の情報は削除。
ご依頼者さまの優先的に伝えたい要点だけに絞って
まとめます。

そして、ある程度のかたちができあがるのです。
できあがるのは「このような台詞でこのような情報を伝えますよ」
と説明している「会話想定文・シナリオ」です。
人によっては台本とも言います。

しかし、ここからが大変です。
ご依頼者さま「これで良いです」とおっしゃられても
後日、書き直しを要求されます。
そして、以前削除したご要望を含むようにお願いされます。

ご依頼者さま「以前の文章でいいのですが、ご要望①とご要望②と、
あと③と④も入れてください」

本当によくある展開です。
何でもかんでも詰め込みすぎると伝える本筋がぶれて
あやふやになってしまいます。
詰め込みすぎた長い文章に沿って相手に伝えても
「で、結局なにが言いたかったの?」と印象が薄くなってしまいます。

なんとかご依頼者さまを説得。
ようやく密告・警告作業に移行します。

ここで無事1回目で伝えられれば良いのですが、
いくら時間帯を変えても電話対象と通じない事態がございます。
もちろん、それもご依頼者さまに報告します。

すると、
ご依頼者さま「では、今週木曜日に変更してください。
それと、密告文章に要望①・要望②・要望③も付け加えてください」
とまたご注文をしてきます。

正直申しますと、対応したくありません。
時間が必要になるからです。

どうしても相談を重ねることになるので作業日時に間に合わないことも
あるからです。そして、この時点で追加される要望(相手に伝えたい情報)
とは、ほぼ「会話想定文」に含まれている情報の類似情報だからです。
スケジュール的に手一杯になるのですね。

気持ちはわかります。
依頼される女性の方々は配偶者に不倫をされていたり、
恋人が浮気していて気持ちがままならない方ばかりです。

できるだけ相手に文句を言ってやりたいのは当然でしょう。
だからこそ、言いたいことがあふれ過ぎて
どうしようもないのです。
冷静さを欠いてしまっています。
ですので、私のアドバイスもまったく耳に入りません。
過去の事例※1 から推測した失敗パターンを提示しても
聞く耳を待ちません。

「この長さの文章はすべて伝えられませんよ」
「大体この箇所までは十分伝えられるとおもいます」
「この部分は挑発的ですので削除したほうが良いです」
「この箇所は前述の情報と重複しています短くするために
削除しましょう」

いくら助言をしても聞いてもらえず、
「これは難しいな」と思われる作業内容でも
ご依頼者さまからの強い要求により呑んでしまうことがあります。
そして大体ご依頼者さまにとっても私にとっても不本意な結果となるのです。

※1
当事業所には個人情報を削除した、「事例」がたくさんございます。
この過去の事例から大体の推測を立てることが可能です。
成功するのか失敗するのかを。※あくまで推測

もちろん、相手の注意を引くような対応はできます。
話を聞く体勢をつくりだすパターンも持っています。
しかし、相手の性格によってはなんら意味がなく、
効果がない場合があるのです。

相談にメール数十通。
寄せられる背景・事情を考慮して
文章を書き上げ、次々追加されるご要望を
聞きながらまた文章を作成・提出。
1通あたり1時間かかることはざらです。
それを無料でしています。

無料でできることは限られています

本来は文章の作成・シナリオや文章作成の
書き起こしは「文章作成料金」をいただいております。
ただ、状況を鑑みて無料として実行していることがほとんどです。
最初に見積もりを提示しても、文章作成料金を請求すると
音信不通になります。正直、徹夜で無償労働をしております。
このままでは運営していけません。
ですので、今後はしっかりと頂きますのでご理解いただき
ますようお願い申し上げます。

返金不可能なケース

  • 対象に電話、通じたが会話の途中で切られた場合
  • 対象に電話が通じたが一言目で電話を切られた場合
  • 「密告」「警告」「忠告」自体は成功したが、相手の反応が
    予想していたものと違っていたとき
  • ご依頼者さまの情報に誤りがあった場合

過去ご依頼いただいた方のなかには、
「相手の反応が芳しくない」「不本意な結果」だと言って
全額返金要求した方がおります。

密告自体に成功しても、返金しろということです。

しかし、ご依頼者さま各自が思い描いたとおりの
「密告後の相手の行動・反応」をお約束するサービスではございません。
この場合でも返金はお受けできませんのでご了承願います。

また、かなり長い警告文章をご依頼の方がおりました。
それは長すぎです。
そして一番言いたいことを序盤に待ってくるべきです。
電話ではなく手紙に切り替えてはいかがでしょうか?
などと説明しても納得していただけません。

「プロなのにこれっぽっちの文章も伝えられないのか」
こう言って来るのです。※表現を変えております。
なかには予防線を張って、どうにか無料でサービスを
受けようとする方もいます。もしかしたらと、思い
ご依頼を見送りさせて頂きました。
断るときにはいくつか他業者さまを紹介いたしましたが、
結局自分で見つけた業者に申し込んだようです。
結果は失敗。

冒頭の一文だけ読みあげた時点で電話を切られたのです。
しかし、台本料金として数千円。
電話代行料金として6万円を支払ったそうでございます。
その業者、といいますかほとんどの業者は前払い・何があっても返金
対応はしてくれません。相談にも時間と手間(コスト)が
かかっていますし、なにせリスクの高い行動を肩代わりしているのです。
「詐欺に遭った」と相談に来られましたが内容を聞くにまっとうな
業者でした。

電話は時間帯を変えて複数回かけ、
話を聞くように電話がかかった時点で説得しています。
基本であるワードも与えています。
「奥さま、質問はあとでお答えしますのでとりあえず私の話を
聞いてください」
相手の正確にもよりますがこの言葉で幾分か話を聞く体勢に
もってこさせることができるのです。

ただ、事前に「この内容では少々無理があります」と、
依頼達成の難易度について説明がなかったのは残念です。
良心的な業者であれば無理な依頼は無理というものです。
かといって詐欺業者ともいえないのが実情です。

しかし、そのご依頼者さまにとっては詐欺業者なのでしょう。
再依頼を申し込まれましたが、まったくこちらの話・提案も
聞きませんでしたのでお断りいたしました。
失敗が目に見えていますし、また、成功したとしても
クレームをつけるでしょう。

ご依頼されるまえには、1度冷却期間をおいたほうが良いです。
神経の昂ぶり、怒り・勢いそのままで相談されに来られましても
話がまとまらず時間だけを浪費する結果となる可能性が高いからです。

お問い合わせ

メールによるご相談・ご質問は24時間受付中です。
通常は24時間以内に返信いたします。
混雑時には2日かかることもございますので、
ご了承ください。

見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
失礼いたしました。

お問い合わせはお気軽に

-ご案内
-, , ,

Copyright© 電話代行の便利屋stupchiba , 2018 All Rights Reserved.