【退職代行事例】 男性 20歳 不動産営業 1年

依頼内容

本当は転勤する予定だったが、それを中止したいのと、社宅なのでなんとか上司と会わずに退職し退去をしたい。
また既に転職先が決まっている。有給休暇を取得できるか不安。
心身の疲れと体調不調が続き、また勤務先には横柄な発言をされた。
営業なのでポイント制に追われ、精神的におかしくなりそう。
今後出勤せずに退職したい。

電話内容

会社側としてはどうしても直接会って話したい。
安否確認のために警察と強行突入する寸前だったそうで、退職代行を利用しなければ今頃とても大変なことになっていました。

感想

退職はいつでもすることが可能です。
引き留めはあるかとは思いますが、退職届を送り退職の意思を示すことで結果的には認めていただけます。
自分で言い出しにくい、そんな時はぜひ弊社にご依頼ください。
辞めることは労働者の権利ですし、会社は退職を止めることはできません。