*

よくあるご質問-「密告で配偶者(夫・妻)の不倫・浮気を止められるのか?」

公開日: : 最終更新日:2016/08/14 よくあるご質問 ,

質問:「密告だけで配偶者(夫・妻)の不倫をやめらせられるのか?」
答え:可能な場合と、可能でない場合にわかれます。

成功例はあるのか?

探偵・工作業者が介在していないのに 1通の手紙・メール・電話で
不倫交際をやめさせる事に成功した例がいくつがございます。※1
※1 依頼者さまから事後報告をうけたものだけカウント

ですが、密告だけでここまで上手くいく例はすくないとお思いください。

効果はあるのか?

事情背景・密告先(企業・団体・人物)によって効果は異なります。
また、どれだけ情報を握っているか、情報取得量によっても効果は左右でしょう。

密告後、即不倫を止めさせられる効果は十分に期待できません。
ですが、にぶらせる※2 程度であれば十分効果があると申せます。

※2「にぶらせる」=「不倫(密会を含む)回数の減少」

情報をどれだけ与えられるかが勝負

基本的に、不倫の密告によらず内部密告・告発はまず悪戯と思われます。
そこで、疑われたときのために情報を開示します。

この段階で具体的な情報を伝えられなければ信憑性は薄まり、
悪戯として処理されます。

悪戯と捉えられれば、密告自体が成功したとしても
密告相手は動いてくれません。

密告先について、必要な情報量の差があるということですね。

たとえば配偶者の浮気・不倫を疑っている人へ密告をすれば成功率が高まります。
もとから配偶者に疑いを抱いているのですから詳細な情報でなくとも
真剣に取り扱ってくれるでしょう。
※ここでは成功=密告相手が配偶者の調査に乗り出すことを指します

ですが、密告先がまったく配偶者の不貞行為に疑いを持っていなかったり、
企業であった場合には話がかわります。

どこで?どのように?誰と?という質問に答えられるほどの
情報を入手していなければなりません。

企業が密告先とする場合にも同様です。

通常、企業は個人間の問題には立ち入りません。
自社の社員が明確に不倫をしているという証拠があったとしてもです。

なので、「具体的な情報」に加え、どれだけこの不倫問題が
企業にデメリットになっているかを説明する必要がございます。

簡単な説明をさせていただきましたが、お分かりいただけましたでしょうか?

密告相手に動いてもらう=密告を成功させるためには
こちらが嘘をついていないと思わせる必要がある。
そのためには「情報」が必要です。

不倫関係の解消よりも小さな復讐が目的?

実は、意外とこの手のご質問はいただきません。

「よくある質問」のなかにおいては質問数は低い質問なんです。

お問い合わせされる方は密告・告発するのを前提として質問をされます。
もはや配偶者の不倫を止めること・問題解決よりも意識が
別のところにあるように思われます。
それはずばり復讐です。

「結婚以来、旦那に尽くしてきたのに若い女性と不倫している」
「W不倫を2度も許したのにまた裏切られた」
「創業時から付き添ってきたのに成功したら夫が女性を囲い始めた」

など、
女性の方からのご相談をいただきます。

そのような方は密告だけで事態が大きく好転するとは思っていません。
ではなにを求めるか?というと、小さな復讐です。

もちろん人それぞれですが、純粋な思いだけではなく復讐心も
入っているとうかがえるのです。

女性にとっては配偶者(夫)の不倫・浮気はいわば裏切りです。
いままで夫の身を支えて妻の立場からすれば裏切り以上と言っても
許されるかもしれません。

一方、男性からすれば「不倫できる者は、不倫できるほどの
魅力がある」と好ましく見られる点があります。
浮気は男の甲斐性。1度2度なら許してやれ。
昔の考え方ですがいまでもそのように思っている方は存在します。

「世間体のために今回の不倫は見逃してやれ」
こう言われて説得された相談者さまもおります。

まだまだ男性優位の世間です。
女性が泣き寝入りする機会が多い。
そして、女性は男性よりもとれる手段が限られます。

そのため「密告」という言わば弱者がとる手段を使わざるを得ないのでしょう。

復讐心だけであれば

ご依頼者さまのなかには「不倫をしている配偶者(旦那様)と不倫相手女性に
すこしは痛い目に遭って貰いたい」と率直に言われた方もおります。

ですが、それでも1度は本気で愛した夫。
回復できないほどの仕返しはしたくない。

本当に、物理的にも社会的にも痛い目に遭って貰いたいと
希望する方は当事業所には相談されません。
違法な復讐代行屋に相談されているでしょう。

密告の動機は復讐心だけではないのです。

お問い合わせ

ご相談は 5 回目まで無料。見積もり無料。
※ほとんどの方は 2~3通目で依頼を決定されます。
メールフォームからのお問い合わせは24時間受付中です。
深夜・早朝問わずお問い合わせください。

お問い合わせはお気軽に

関連記事

結果はどのようにして教えていただけるのでしょうか?

結果はどのようにして教えていただけるのでしょうか?【密告・警告電話】

頂いたご質問 Q.結果はどのように知らせてくれるの? 料金を抑えたいので録音オプションな

記事を読む

faq_img_ryoukin_sam

電話代行料金を予算内に済ますにはどうしたらいいですか?

電話代行サービスについて、ご質問・ご要望をいただきました。 よくある質問ではないのですが念のために

記事を読む

電話代行サービスに関する質問「土曜日・日曜日でも対応しておりますか?」

平日だけでなく、土・日曜日にも電話をかけてくれますか?

土・日でも電話をしてくれるの? 元彼に伝言を頼みたいです。 元彼は朝から深夜まで

記事を読む

無断欠勤状態だけどバイトを辞めたい。

アルバイト無断欠勤4日目です。退職の電話をお願いできますか?

ご質問 Q.無断欠勤状態でも退職の電話をお願いできますか? A.はい、可能です。 無断

記事を読む

サービス利用後の生活について知りたい

【浮気・不倫】サービス利用者のその後が知りたいです。

浮気・不倫の電話代行サービスに寄せられたご質問です。 以前から類似のご質問はございましたが、特

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

    • あなたが電話代行屋stupchibaを選ぶメリットとは?
    • 電話代行サービスに寄せられるよくあるご質問
    • 電話代行料金一覧
    • ラジオライフ2016年9月号に
      当事業所が掲載されました。
      雑誌掲載暦
PAGE TOP ↑